【重要】「お金を借りる」前に知っておきたい知識をテーマに解説していきます!

当ページのリンクには広告が含まれています。

どうもゴンです。今回は、お金を借りる前に知っておきたい知識をお題に進めて行きます。分かっているようで分かっていない何てことも有るので一つずつ一緒に学んでいきましょう( ^^) _U~~

是非、最後までお付き合い下さい。

目次
スポンサーリンク

I. はじめに

お金を借りるとは何か

お金を借りるとは、以下のような状況や方法を指します。

  • 金融機関から融資を受けること
  • クレジットカードでキャッシングをすること
  • 消費者金融やサラ金からお金を借りること
  • 友人や家族からお金を借りること
  • 電子マネーなどの前払いサービスを利用してお金を借りること
  • クラウドファンディングなどの新しい融資方法を利用してお金を借りること

お金を借りることには、それぞれメリットとデメリットがあります。必要な場合には慎重に判断し、利用するようにしましょう。

お金を借りる理由とは

お金を借りる理由は、人それぞれ様々ですが、一般的なものを以下に列挙いたします。

  • 急な出費(医療費や車の修理費、家庭の急な出費など)が必要な場合
  • 住宅購入や車の購入、教育費などの大きな支払いが必要な場合
  • ビジネス資金調達のために必要な場合
  • 前借金の返済や債務整理のために必要な場合
  • クレジットカードや消費者金融の返済のために必要な場合

お金を借りる理由によっては、適切な融資先や借り方、返済計画などが異なってきます。必要に応じて専門家に相談し、慎重に判断することが重要です。

お金を借りる前に考えること

お金を借りる前に考えることは、以下のような点が挙げられます。

  1. 借りる必要性の検討
    • 借りる理由を再確認すること
    • 借りなければならない理由が本当に必要なものであるか検討すること
  2. 借りる金額の検討
    • 必要な金額を詳しく計算すること
    • 借りる金額をできるだけ最小限にすること
  3. 借入先の検討
    • 利息や返済期間、手数料などを比較すること
    • 借入先の信頼性や評判を調べること
  4. 返済計画の立て方
    • 返済期間や返済額をしっかりと決めること
    • 返済計画に基づいて、自分の収入や支出を見直すこと
  5. 借入契約書の確認
    • 借入契約書の内容をよく読み、納得した上で署名すること
    • 細かい字や条件を見落とさないように注意すること

これらの点をしっかりと考え、慎重に判断することが、無理のない借り方や返済計画を立てるために重要です。

II. お金を借りる方法

銀行からの融資

銀行からの融資には、以下のような種類があります。

  1. 住宅ローン
    • 住宅を購入するための融資
    • 返済期間は最長35年程度で、金利は固定金利か変動金利を選択できる
  2. 自動車ローン
    • 車を購入するための融資
    • 返済期間は数年程度で、金利は固定金利か変動金利を選択できる
  3. ビジネスローン
    • 個人事業主や中小企業などがビジネス資金調達のために利用できる融資
    • 返済期間や金利などは、銀行によって異なる
  4. 教育ローン
    • 大学などの学費や留学費用などのための融資
    • 返済期間は数年程度で、金利は固定金利か変動金利を選択できる
  5. その他の消費者ローン
    • クレジットカードのキャッシングや、消費者金融に似た形態の融資などがある
    • 返済期間や金利などは、銀行によって異なる

銀行からの融資には、金利や返済期間、返済方法などについてしっかりと説明があり、比較的信頼性が高いとされています。ただし、融資を受けるには審査が必要であり、借り手の信用度によっては融資が受けられない場合もあります。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシングには、以下のような特徴があります。

  1. 利用限度額が決まっている
    • クレジットカードの利用限度額内でしかキャッシングできない
    • 利用限度額以上のキャッシングを行う場合、別途手数料が発生する場合がある
  2. 返済期間が短い
    • 一般的には最長で1か月程度の短期間の返済期間である
    • 返済期間を延長する場合は、別途手数料が発生する場合がある
  3. 金利が高め
    • キャッシングの金利は、一般的にクレジットカードの普通の利用よりも高めである
    • 遅延や未払いによる利息も高くなりやすいため、注意が必要である
  4. 現金を即座に手に入れられる
    • クレジットカードを持ち歩いていれば、いつでも現金が手に入る
    • 現金自動預け払い機(ATM)や提携店舗で手軽にキャッシングできるため、急な出費に対応できる

ただし、キャッシングは返済期間や金利が短いため、遅延や未払いが生じやすいというデメリットもあります。返済計画をしっかりと立て、利用する際には注意が必要です。

消費者金融の利用

消費者金融の利用には、以下のような特徴があります。

  1. 高い利息が課せられる
    • 消費者金融は、金利が銀行や信用金庫などの金融機関よりも高く設定されている場合が多い
    • 遅延や未払いによる追加料金や利息も高めであるため、注意が必要である
  2. 審査が比較的簡単である
    • 審査の基準が銀行や信用金庫よりも緩く、借りやすい場合がある
    • ただし、審査が緩いために借りすぎや返済計画の不備が生じ、多重債務や延滞などの問題が生じることもあるため、注意が必要である
  3. 返済期間が短い
    • 一般的には最長で5年程度の返済期間である
    • 返済期間を延長する場合は、別途手数料が発生する場合がある
  4. 現金を即座に手に入れられる
    • 消費者金融には、店舗での手続きやWeb申込みによる即日融資が可能な場合が多い
    • 急な出費に対応できるため、利用者からは需要がある

ただし、消費者金融は高い金利が特徴的であるため、返済計画をしっかりと立て、借入額を適切に抑えることが重要です。また、返済計画に不安がある場合は、他の融資方法を検討することも必要です。

ファクタリング

ファクタリングとは、企業が保有する債権(請求権)を、ファクタリング会社に売却することで、即金を手に入れることができる方法です。以下に、ファクタリングの特徴を列挙します。

  1. すぐに現金化できる
    • 債権をファクタリング会社に売却することで、すぐに現金を手に入れることができる
    • 従来の金融機関からの融資に比べ、手続きが簡単でスピーディーであるため、急な資金調達に有効である
  2. 売掛金回収リスクを回避できる
    • 債権を売却することで、買い手が債務者となるため、債権回収リスクを回避できる
    • 債務者が支払わなかった場合でも、ファクタリング会社がそのリスクを負うため、企業側はその心配がなくなる
  3. 融資と異なり借金にならない
    • 債権を売却することで、買い手が債務者となるため、借金にならない
    • 従来の金融機関からの融資に比べ、企業の財務状況が悪化するリスクが少なく、信用リスクも低くなる
  4. 手数料が発生する
    • ファクタリング会社によって手数料の金額や基準が異なるが、債権売却額の一部を手数料として支払う必要がある
    • また、ファクタリング会社によっては債権売却額の一部を事前に振り込んでくれる前払い型ファクタリングも存在するが、手数料が高くなる傾向がある
  5. 債権売却後は管理費用や買戻し費用がかかる場合がある
    • 債権売却後も、ファクタリング会社が債務者とのやりとりを行うため、管理費用が発生することがある
    • 買戻し費用は、ファクタリング会社が債務者から回収した金額から手数料や管理費用を差し引いた後、残った金額を企業側に支払う際に発生する費用である

以上が、ファクタリングの特徴やメリット・デメリットについての列挙です。企業が資金調達をする際には、自社の財務状況や必要な資金調達額に応じて、最適な方法を選択することが重要です。

III. お金を借りるときの注意点

金利の確認

金利を確認することは、お金を借りる前に重要なポイントです。以下に金利を確認する方法を列挙します。

  1. 借り入れ先の公式サイトやパンフレットを確認する
    銀行や消費者金融など、借り入れ先の公式サイトやパンフレットには、金利や返済条件などが記載されています。事前に確認しておくことで、借り入れの際に不安なく話を進めることができます。
  2. 銀行の窓口で尋ねる
    銀行の窓口で直接金利について尋ねることもできます。窓口担当者が詳しく説明してくれるため、不明点を解消することができます。
  3. 電話で問い合わせる
    借り入れ先の電話番号に問い合わせることもできます。こちらも窓口と同様に、詳しく説明してくれるため、分からないことがあれば質問することができます。
  4. 比較サイトを利用する
    インターネット上には、複数の金融機関の金利や返済条件を比較できるサイトがあります。これらを利用することで、一括して金利を確認することができます。
  5. ローンシミュレーションを行う
    借り入れ先の公式サイトには、ローンシミュレーション機能があります。必要な情報を入力することで、金利や返済期間、返済額などをシミュレーションすることができます。

借りすぎに注意すること

お金を借りる際には、借り過ぎに注意することが重要です。以下に借りすぎに注意することを列挙します。

  1. 返済計画を立てる
    借り入れ前に返済計画を立てることが大切です。収入や支出をしっかりと見極め、返済に必要な金額を把握することができます。また、返済期間や返済額を決めることで、借りすぎを防ぐことができます。
  2. 自己破産のリスクを理解する
    借りすぎると、自己破産のリスクが高まります。自己破産をすると、借金が免除される一方で、信用情報に悪影響を及ぼし、将来的にクレジットカードや住宅ローンの審査に影響を及ぼすことがあります。
  3. 過剰な消費を避ける
    借り入れは、急な出費や必要な資金を調達するための手段です。しかし、過剰な消費や贅沢な生活を送るために借り入れをすると、返済が滞ったり、借金が膨らんだりすることがあります。
  4. 利息の負担を考慮する
    借り入れには、利息が発生します。利息の金額は、借り入れ額や返済期間によって変わるため、借りすぎると利息の負担が大きくなることがあります。
  5. 情報収集をする
    借り入れ先の情報を収集することが大切です。金利や返済条件、借り入れ限度額などを確認することで、自分に合った借り入れをすることができます。また、信頼できる借り入れ先を選ぶことも大切です。

返済計画の立て方

返済計画を立てる際には、以下のようなポイントを考慮することが大切です。

  1. 借り入れ額を決める
    返済計画を立てる前に、必要な資金を正確に把握し、借り入れ額を決めることが重要です。必要な支払いや出費を把握し、借り入れ額を決めましょう。
  2. 返済期間を決める
    借り入れ額と返済期間を決めることで、返済額が決まります。返済期間を長くすると、返済額は低くなりますが、利息の負担が大きくなることがあります。逆に、返済期間を短くすると、返済額は高くなりますが、利息の負担が少なくなります。
  3. 返済方法を決める
    返済方法には、一括払い、分割払い、リボ払いなどがあります。返済方法によって、返済額や利息の負担が変わるため、自分に合った返済方法を選びましょう。
  4. 返済額を計算する
    借り入れ額、返済期間、利息などを考慮し、返済額を計算しましょう。計算結果を元に、返済プランを立てることができます。
  5. 収支のバランスを考慮する
    返済プランを立てる際には、収入と支出のバランスを考慮しましょう。月々の返済額が、収入を上回る場合は、生活費やその他の支払いに支障が出ることがあります。返済プランを立てる際には、生活費やその他の支払いも考慮に入れるようにしましょう。

IV. お金を借りることで得られるメリットとデメリット

メリット

急な出費に対応できる

急な出費に対応できることは、お金を借りることで得られるメリットの一つです。以下は、急な出費に対応できることについての具体例の列挙です。

  1. 車の修理代
    車が故障した場合、修理代が高額になることがあります。お金を借りることで、急な出費にも対応することができます。
  2. 家庭用品の購入
    家庭用品が壊れた場合、すぐに新しいものを購入する必要があります。お金を借りることで、必要な資金を手に入れることができます。
  3. 医療費
    病気やケガをした場合、医療費が高額になることがあります。お金を借りることで、必要な医療費を支払うことができます。
  4. 不動産の購入
    住宅や不動産を購入する場合、高額な資金が必要になることがあります。お金を借りることで、不動産の購入に必要な資金を手に入れることができます。
  5. 教育費
    大学や専門学校などの教育費が高額になることがあります。お金を借りることで、教育費を支払うことができます。

これらの例のように、急な出費には様々な種類がありますが、お金を借りることで、すぐに必要な資金を手に入れることができます。

資産形成につながることもある

お金を借りることが、資産形成につながる場合もあります。以下は、その具体例の列挙です。

  1. 不動産投資
    不動産を購入し、賃貸収入を得ることができます。お金を借りて不動産を購入することで、大きな資産を形成することができます。
  2. 株式投資
    株式を購入し、株価の上昇によって利益を得ることができます。お金を借りて株式を購入することで、株価上昇による大きな利益を得ることができます。
  3. 自己投資
    自分自身を投資対象として、資格取得やスキルアップなどを行うことができます。お金を借りて、自己投資を行うことで、将来的に高収入を得ることができるようになる可能性があります。
  4. 事業資金の調達
    起業や事業拡大のために必要な資金を調達することができます。お金を借りて事業を始めることで、大きな資産を形成することができます。

これらの例のように、お金を借りて投資や事業を行うことで、大きな資産を形成することができます。ただし、投資や事業にはリスクが伴うため、事前にリスクを考慮し、計画的に行う必要があります。

キャッシュフローの改善が可能

お金を借りることによってキャッシュフローの改善が可能な場合があります。以下は、その具体例の列挙です。

  1. 事業資金の調達
    事業資金を借りて、事業の拡大や新規事業の立ち上げに取り組むことができます。これにより、売上増加や利益増加につながり、キャッシュフローの改善につながる可能性があります。
  2. リファイナンス
    高金利で借り入れている借入を、低金利で借り直すことができます。これにより、返済額の減少や返済期間の延長などが実現し、キャッシュフローの改善につながる可能性があります。
  3. 複数の借入の統合
    複数の借入を一つにまとめることができます。これにより、返済額の減少や返済期間の延長などが実現し、キャッシュフローの改善につながる可能性があります。
  4. 資産の購入
    不動産や自動車などの大型資産を購入する場合、お金を借りることで一括購入することができます。これにより、キャッシュフローの改善につながる可能性があります。

これらの例のように、お金を借りることで、キャッシュフローの改善が可能な場合があります。ただし、借り入れによって返済負担が増える場合もあるため、事前に返済計画を立てることが重要です。

デメリット

返済が滞ると借金地獄に陥る可能性がある

お金を借りることには、返済が滞ると借金地獄に陥る可能性があるというリスクもあります。以下は、その具体例の列挙です。

  1. 利息の膨れ上がり
    返済期間が延びた場合や返済が遅れた場合、利息が膨らみます。この場合、借入額以上の返済額になることもあります。
  2. 信用情報の悪化
    返済が遅れた場合、信用情報に傷がつくことがあります。これにより、今後の借入やクレジットカードの利用が困難になる可能性があります。
  3. 借金の連鎖
    返済が滞ると、さらに借入が必要になることがあります。これにより、借金の連鎖が発生し、借金地獄に陥る可能性があります。
  4. 裁判手続きの開始
    返済が滞ると、債権者から訴訟を起こされることがあります。これにより、裁判手続きが開始され、弁護士費用や差し押さえなどの負担が増える可能性があります。

以上のように、返済が滞ると借金地獄に陥る可能性があります。借入する際には、借入額や返済期間などを十分に考慮し、返済計画を立てることが重要です。また、返済が困難になった場合は、早めに債務整理などの対策を講じることが大切です。

利息がつくため、返済額が増える

お金を借りる場合、多くの場合、借りた金額に対して利息がつくため、返済額が増えるというリスクがあります。以下は、その具体例の列挙です。

  1. 実質年率の高さ
    利息は実質年率で計算されます。このため、金利が高い場合、借りた金額に対して多くの利息がつくため、返済額が増えます。
  2. 借入期間の長さ
    借入期間が長い場合、利息がたまる時間が長くなるため、返済額が増えます。また、借入期間が長いほど、利息が増えるため、利息負担が増えます。
  3. 遅延損害金
    返済期限を過ぎた場合、遅延損害金が発生することがあります。この場合、借入額に遅延損害金が加算されるため、返済額が増えます。
  4. リボルビング払い
    クレジットカードのキャッシングなどで、リボルビング払いを選択した場合、利息が高くつくことがあります。また、リボルビング払いでは、返済額が定額でないため、借入額に対して利息が膨らむことがあります。

以上のように、利息がつくため、返済額が増えるというリスクがあります。借入する際には、利息率や借入期間などを十分に考慮し、返済計画を立てることが重要です。また、利息負担を減らすために、借入額を抑えたり、返済期間を短くすることも有効な方法です。

借金が習慣化してしまう可能性がある

以下は、「借金が習慣化してしまう可能性がある」という点についての例です。

  1. 借金を返済できず、新たな借金をすることが繰り返され、借金が習慣化してしまう可能性がある。
  2. 急な出費に対応するために何度も借金をすることが続くと、借金が当たり前のような感覚になり、自分が借金をしていることに対する抵抗感が薄れてしまう場合がある。
  3. 返済に苦しんだり、返済期間を延ばすことが多くなると、自分が借金をしている状況に慣れ、借金をすることが当たり前になってしまう傾向がある。
  4. 借金が当たり前になってしまうと、返済計画を立てることが怠りがちになるため、借金が増えてしまうこともある。

V. まとめ

お金を借りることは慎重に考えるべきことであることを再確認

お金を借りることは慎重に考えるべきことであり、以下に示すような点を再確認する必要があります。

  • 借金をする理由を明確にし、返済計画を立てることが重要です。
  • 借金先や商品・サービスの選定には慎重になり、金利や契約内容を確認することが必要です。
  • 借りる金額を無計画に決めると、返済に困難が生じることがあります。
  • 返済期間を長くして金利を減らす場合、全体の返済額が増えることを忘れずに考える必要があります。
  • 借金が習慣化してしまうことがあるため、借金を繰り返すことがないように、自分の収入や支出を見直し、予算管理をすることが大切です。
  • 返済期限を過ぎた場合は、延滞金や遅延損害金などが発生するため、必ず返済期日を守ることが必要です。
  • 借金によって自分自身や周囲の人々に迷惑をかけることがあるため、責任ある借金をすることが重要です。

以上の点を踏まえ、お金を借りることは慎重に考え、責任ある行動を取ることが大切です。

著:両@リベ大学長
¥1,350 (2023/11/30 14:32時点 | Amazon調べ)

借金をする際には、返済計画の立て方や利息の確認などをしっかりと行い、負担を最小限に抑えるように心がける

お金を借りることは、急な出費に対応するための手段の一つであり、資産形成やキャッシュフローの改善にもつながることがあります。

しかし、借り過ぎによって借金地獄に陥ったり、利息によって返済額が増えたりすることもあります。そのため、借金をする際には、返済計画の立て方や利息の確認などをしっかりと行い、

負担を最小限に抑えるように心がけることが重要です。さらに、借金が習慣化してしまう可能性もあるため、借金をする際には慎重に考えることを再確認しましょう。

また、借金が必要になる前に、予算の立て方や節約方法などを学び、貯蓄を増やすことも大切であることを忘れずに。

借金をする前には、予算の立て方や節約方法などを学び、貯蓄を増やすことが重要です。そのためには、まず自分の収入と支出をしっかりと把握し、必要な支出と無駄な支出を区別することが大切です。

また、定期的に予算を見直し、無駄な支出を削減することも大切です。

さらに、節約方法としては、食費の削減や家計簿のつけ方、家計を見直すことなどが挙げられます。また、生活必需品をまとめ買いすることや、不要なものを売却することも効果的です。

借金をする前には、これらの方法を取り入れ、貯蓄を増やすことができるように努めましょう。これらの努力が、将来的に借金をしなくても過ごせる余裕を生み出すことにもつながります。

\最後まで読んで頂きありがとうございました/

広告
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次