愛犬のシャンプーおすすめの商品5選と気を付けるポイントを解説していきます!

当ページのリンクには広告が含まれています。
犬のシャンプー

どうもゴンです。

今回は、愛犬達のシャンプーのおすすめ5選とシャンプーの選び方やケアについて解説していきます。

大切な愛犬のために知っておきたいことを一緒に見ていきましょう(^^♪

目次
スポンサーリンク

はじめに

愛犬のシャンプーについて

愛犬のシャンプーについては、適切なシャンプーを選ぶことがとても大切です。

愛犬の肌や毛質に合ったシャンプーを使うことで、皮膚トラブルや毛艶の悪化を防ぐことができます。

シャンプー選びのポイントとしては、愛犬の毛質や肌の状態に合わせて選ぶことが重要です。

例えば、敏感肌の犬には刺激の少ない、保湿成分の多いシャンプーが適しています。

また、長毛種の犬には、もつれを防ぐためにコンディショナー効果のあるシャンプーがおすすめです。

また、成分や香り、価格なども比較ポイントになります。

シャンプーには、合成界面活性剤や防腐剤などの添加物が含まれる場合がありますので、成分表を確認することも大切です。

香りも重要で、犬が嫌がる匂いの強いシャンプーは避けましょう。

価格は高いものほど効果があるとは限らないため、適切な価格帯のものを選ぶことが大切です。

シャンプーの種類

犬用のシャンプーには、様々な種類があります。以下に代表的なシャンプーの種類を紹介します。

  1. 一般的なシャンプー
    犬用の一般的なシャンプーは、主に合成界面活性剤や防腐剤などが含まれ、泡立ちが良く洗浄力も強いのが特徴です。汚れや臭いを落とす効果があるため、一般的には毎月1回程度の使用が推奨されています。ただし、過度な使用は皮膚や毛に負担をかける可能性があるため、適度に使用するようにしましょう。
  2. 敏感肌用シャンプー
    敏感肌の犬には、刺激の少ない敏感肌用シャンプーが適しています。界面活性剤が弱いものや、保湿成分が多いものが多く、肌に優しい成分が配合されています。痒みや赤みのある肌には、敏感肌用シャンプーで洗うことで肌トラブルを防ぐことができます。
  3. ノーリンスシャンプー
    ノーリンスシャンプーは、水で流す必要がないシャンプーです。泡立てて犬の体に馴染ませ、拭き取るだけで洗浄することができます。犬が水嫌いの場合や、犬をお風呂に入れるスペースがない場合に便利です。
  4. 長毛種用シャンプー
    長毛種の犬は、もつれやすいため、長毛種用のシャンプーがおすすめです。毛の滑りを良くする成分が配合されているものや、コンディショナー効果のあるものが多く、毛を柔らかくしてブラッシングしやすくする効果があります。
  5. 薬用シャンプー
    薬用シャンプーは、病気やアレルギーなどで皮膚トラブルがある場合に使用されます。抗菌作用や抗炎症作用があるもの、フケやかゆみを抑えるものなど、様々なタイプがあります。ただし、薬用シャンプーは、病気やアレルギーがない犬に使用するとかえって皮膚トラブルを引き起こす場合があるため、必要がない場合は使用しないようにしましょう。

以上が代表的な犬用シャンプーの種類です。犬の皮膚や毛質に合わせて、適切なシャンプーを選びましょう。また、シャンプーを選ぶ際には、成分表を確認し、人間用のシャンプーなど犬には適さないものは使用しないようにしましょう。

適切なシャンプーの重要性

犬の皮膚は人間の皮膚と異なり、pH値や皮脂分泌量が異なるため、犬用に開発されたシャンプーを使用することが重要です。

人間用のシャンプーなど犬用でないものを使用すると、皮膚トラブルを引き起こす場合があります。

また、犬によっては敏感肌の場合があり、適切でないシャンプーを使用するとかえって皮膚トラブルを悪化させる可能性があります。

適切なシャンプーを使用することで、犬の皮膚や毛質を保護することができます。

例えば、乾燥肌の犬には保湿効果のあるシャンプーを使用することで、皮膚を乾燥から守ります。

また、毛玉ができやすい犬には、毛を柔らかくするシャンプーを使用することで、ブラッシングのしやすさを向上させることができます。

適切なシャンプーを使用することで、犬の健康を維持することができます。

犬は自分で身体を清潔にすることができないため、飼い主が定期的にシャンプーをしてあげることが必要です。

適切なシャンプーを使用し、清潔な状態を保つことで、犬の健康を守ることができます。

成分や香り、価格などの比較ポイント

犬用シャンプーを選ぶ際には、以下のポイントを比較して選ぶと良いでしょう。

成分: 犬用シャンプーの成分表を確認し、犬の皮膚や毛質に適したものを選びましょう。犬の敏感肌の場合は、刺激の少ない成分を含むものを選ぶと良いでしょう。また、天然成分を含むものや、アレルギー対応の成分を含むものなど、目的に合わせて選ぶことも重要です。

香り: 犬用シャンプーには、さまざまな香りがあります。犬自身の体臭を消すものや、フルーツや花などの香りがするものなどがあります。犬が嫌がらない香りを選ぶと、シャンプーの時にストレスを感じずに済みます。

価格: 犬用シャンプーの価格は、種類やブランドによって異なります。安価なものから高価なものまで幅広くありますが、高価なものほど成分にこだわっていたり、効果が高かったりする場合があります。しかし、必ずしも高価なものが良いとは限りませんので、自分の予算や犬の状態に合わせて選ぶと良いでしょう。

以上のように、成分や香り、価格など、さまざまなポイントを比較して、自分の犬に合ったシャンプーを選びましょう。

おすすめシャンプー商品紹介

ピーシーケー (PCK) マイルドタイプシャンプー フルーティー 200ml

ピーシーケー (PCK) マイルドタイプシャンプーの特徴は以下の通りです。

  1. 低刺激で肌に優しい
    犬の肌に刺激を与えず、低刺激な洗浄力が特徴です。天然成分を使い、パラベン、着色料、鉱物油、合成香料、合成保存料などの添加物は一切使用していないため、敏感肌の犬にも安心して使用できます。
  2. 軽い洗浄力としっとり感のある仕上がり
    泡立ちが少ないため、犬の毛並みを傷つけずに汚れを落とします。また、保湿成分を配合し、しっとりとした仕上がりになります。
  3. 爽やかな柑橘系の香り
    柑橘系の爽やかな香りが特徴で、犬が嫌がるような強い香りはありません。
  4. プロ用品としても認められている
    PCKマイルドタイプシャンプーは、トリミングサロンでも使用されているため、品質の高さが保証されています。

以上が、ピーシーケー (PCK) マイルドタイプシャンプーの特徴です。肌に優しく、しっとりとした仕上がりで、爽やかな香りが特徴です。敏感肌の犬にも安心して使用でき、プロ用品としても認められているため、安心して使用できます。

たかくら新産業『A.P.D.C. ティーツリーシャンプー』

植物由来のナチュラルな香りと効果―そんなA. P. D. C. シリーズの特長をお試しいただくのに、最適なシャンプー。

ティーツリーをはじめとした6つの植物成分と海藻保湿成分で、ふんわり、ツヤのある被毛へ。

泡切れ、水切れがよく使いやすさは抜群 乾燥後もほのかに残る、上質なエッセンシャルオイルの爽やかな香りも人気の秘密です。

1999年に誕生して以来、多くの飼い主様に愛されて、現在までに150万本以上を出荷。

シャンプーやコンディショナーをはじめ、全12アイテムを展開しています。

【ポイント】

  1. 新成分紅藻エキスとヒアルロン酸が皮膚や被毛にうるおい効果を発揮
  2. 定期的なシャンプーの後、手触りをしっとりさせたい時や長毛の犬種やハネが気になる犬に。
  3. 泡立ち・泡切れが良く、使いやすさ抜群。ティーツリーの爽やかな香りでしっとり・サラサラ感触に仕上がります。

SALON FOR DOGS サロンフォードッグス ミネラルシャンプー

SALON FOR DOGSのミネラルシャンプーの特徴は以下の通りです。

  1. 天然ミネラル成分による洗浄力
    海洋深層水や鉱物成分を配合し、天然ミネラルの洗浄力で汚れや臭いを落とします。また、毛穴を引き締める効果があるため、健やかな肌と美しい毛並みを保ちます。
  2. 弱酸性で肌に優しい
    弱酸性のため、肌に優しく刺激が少ないのが特徴です。敏感肌の犬や、乾燥肌の犬でも安心して使用できます。
  3. ハーブの香りが爽やか
    ハーブの香りが爽やかで、犬が嫌がる強い香りはしません。また、合成香料を使用していないため、環境にもやさしいです。
  4. プロ用品としても認められている
    SALON FOR DOGSのミネラルシャンプーは、プロ用品としても認められています。そのため、トリミングサロンで使用されることも多く、品質の高さが保証されています。

以上が、SALON FOR DOGSのミネラルシャンプーの特徴です。天然成分で肌に優しく、健やかな肌と美しい毛並みを保つことができます。

バイオガンス BIOGANCE プロテインプラスシャンプー

バイオガンスのプロテインプラスシャンプーの特徴は以下の通りです。

  1. 髪や皮膚の保湿効果
    プロテイン成分やアミノ酸、ヒアルロン酸などの保湿成分を豊富に配合しており、髪や皮膚にしっかりと水分を補給し、乾燥を防ぎます。また、ダメージを受けた髪や毛先の枝毛を防ぐ効果もあります。
  2. 洗浄力と泡立ちの良さ
    プロテイン成分が優れた洗浄力を発揮し、泡立ちも豊かなのが特徴です。汚れや臭いをしっかりと落としながら、肌や毛に必要な水分を残します。
  3. さわやかなグリーンアップルの香り
    グリーンアップルの爽やかな香りが特徴で、犬が嫌がるような強い香りはありません。また、天然成分のみで作られているため、環境にもやさしいです。
  4. プロ用品としても認められている
    バイオガンスのプロテインプラスシャンプーは、プロ用品としても認められています。そのため、トリミングサロンで使用されることも多く、品質の高さが保証されています。

以上が、バイオガンスのプロテインプラスシャンプーの特徴です。保湿効果が高く、洗浄力もあるため、健やかな肌と美しい毛並みを保つことができます。また、環境にもやさしい商品であるため、安心して使用できます。

オーガニック認証成分配合WDPドッグシャンプーいい香り

オーガニック認証成分配合WDPドッグシャンプーの特徴は以下の通りです。

  1. オーガニック認証成分配合
    WDPドッグシャンプーは、オーガニック認証の成分を配合しています。合成香料や合成保存料、鉱物油などは一切使用しておらず、環境に優しく、犬の健康にも配慮した製品となっています。
  2. 敏感肌の犬にも使用可能
    WDPドッグシャンプーは、犬の肌に優しい低刺激処方で作られているため、敏感肌の犬にも安心して使用できます。
  3. ノンシリコン処方
    シリコンが配合されていないため、犬の皮膚や毛に負担をかけません。また、ノンシリコン処方であるため、香りが続きにくいという欠点がありますが、犬の肌に優しいことが大きなメリットです。
  4. しっとりとした仕上がり
    保湿成分が配合されているため、しっとりとした仕上がりになります。また、独自の処方で汚れをしっかりと落としながら、毛髪を傷つけません。

以上が、オーガニック認証成分配合WDPドッグシャンプーの特徴です。オーガニック認証成分を配合し、環境にも犬の健康にも配慮した製品であり、低刺激処方で敏感肌の犬にも使用可能です。また、シリコンが配合されていないため、犬の皮膚や毛に負担をかけず、しっとりとした仕上がりになります。

小型犬用お風呂

シャンプーの正しい使い方

愛犬の洗い方や注意点

愛犬をシャンプーする際の洗い方や注意点は以下の通りです。

  1. 準備を整える
    シャンプー用品、タオル、ドライヤーなど必要なものを準備します。また、犬が入りやすいように浴槽やシャワーヘッドを調整しておきましょう。
  2. 犬の体を濡らす
    犬を水で濡らし、体全体を湿らせます。顔や耳、肛門周りは水をかけないようにしましょう。
  3. シャンプー剤をつける
    シャンプー剤を適量手に取り、泡立てた後、犬の体に優しくなでるようにつけます。顔や耳、肛門周りは避けてつけましょう。
  4. マッサージする
    指の腹で犬の体を優しくマッサージしながら泡立て、汚れを落とします。
  5. よくすすぐ
    シャンプー剤をよくすすぎ、泡が出なくなるまで水をかけます。特に、シャンプー剤が残っていると皮膚にかぶれやかゆみの原因となるので、しっかりとすすぐようにしましょう。
  6. タオルで水気を取る
    シャンプー後、タオルで水気を取ります。特に耳や肛門周り、足の間の水分はよく取り除いておきましょう。
  7. ドライヤーで乾かす
    ドライヤーで犬の体を乾かします。温度や風量を調整し、犬が嫌がらないように注意しながら乾かしましょう。

注意点としては、シャンプー剤は人用のものではなく、必ず犬用のものを使用すること、犬の体温調節に必要な油分を取りすぎないようにすること、シャンプー中に犬の目にシャンプー剤が入らないように気を付けることなどがあります。また、犬によってはシャンプーが苦手な場合があるため、犬の体調や気持ちを見ながら、できるだけストレスをかけないようにシャンプーするようにしましょう。

シャンプー後のケア方法

愛犬をシャンプーした後のケア方法は以下のようになります。

  1. ブラッシング
    シャンプー後は犬の毛並みがふんわりとしているため、ブラッシングをして整えましょう。ブラッシングによって、毛玉や汚れを取り除くことができ、犬の健康にも良い効果があります。
  2. 耳掃除
    犬はシャンプー中に耳の中に水が入ることがあります。水分が残っていると、耳の中が湿った状態になり、細菌やカビが繁殖する原因になります。シャンプー後は、耳掃除をして水分を取り除きましょう。
  3. 肉球のケア
    シャンプー後は、犬の足裏に水分が残っていることがあります。水分が残っていると、菌やカビが繁殖する原因になります。シャンプー後は、タオルでしっかりと水分を取り除き、必要に応じて肉球用のクリームを塗るなど、足裏のケアを行いましょう。
  4. 暖かくする
    シャンプー後は、犬が冷えないように注意しましょう。特に冬場は、乾かす際に風を当て過ぎると、犬が風邪を引いてしまう恐れがあります。乾かした後は、犬が暖かく過ごせるように、布団や暖房器具を用意すると良いでしょう。

以上が、愛犬をシャンプーした後のケア方法です。毎回のシャンプー後に、適切なケアを行うことで、犬の健康を守ることができます。

まとめ

愛犬の健康に合ったシャンプー選びの重要性

愛犬の健康に合ったシャンプーを選ぶことは非常に重要です。犬は人間と同じく、肌質や毛質に個体差があります。

また、犬種や年齢によっても、肌や毛に合わない成分がある場合があります。

間違ったシャンプーを使うと、犬の肌や毛に刺激を与えることになり、かゆみや炎症、脱毛などのトラブルを引き起こすことがあります。

また、犬の肌は人間の肌よりも薄く、弱いため、間違ったシャンプー使用により肌のpHバランスが崩れることもあります。

そのため、犬の肌や毛に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。

また、犬によってはアレルギーを持っている場合もあります。

この場合、シャンプーに使用される成分にアレルギーを起こすことがあります。

そのため、獣医師に相談し、適切なシャンプーを選ぶことが重要です。

愛犬の健康を守るために、シャンプー選びは慎重に行いましょう。

獣医師のアドバイスを聞きながら、愛犬に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。

愛犬の健康的な生活についてのアドバイス

愛犬の健康的な生活には、以下のようなアドバイスがあります。

  1. 適切な栄養バランスの食事を与える
    犬にとって、適切な栄養バランスの食事は非常に重要です。食事には、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなどが必要です。獣医師に相談し、愛犬に適した食事を選びましょう。
  2. 適度な運動をさせる
    愛犬に適度な運動をさせることは、健康的な生活に欠かせません。運動によって、肥満予防や筋肉の維持、ストレス解消などの効果があります。運動量は犬種や年齢に応じて適切に調整しましょう。
  3. 定期的な健康チェック
    愛犬の健康状態を定期的にチェックすることも大切です。獣医師による定期的な健康診断を受け、必要に応じて予防接種や検査を受けましょう。
  4. 適切なシャンプーとケアを行う
    犬の肌や毛に合ったシャンプーを選び、適切なケアを行うことも健康的な生活に必要です。定期的なブラッシングや爪切り、耳掃除なども行いましょう。
  5. 快適な環境を整える
    愛犬が快適に過ごせる環境を整えることも大切です。屋内外の温度や湿度、清潔な水やトイレの設置などを行い、ストレスを軽減しましょう。

以上のように、愛犬の健康的な生活には、食事や運動、健康チェック、シャンプーとケア、快適な環境整備などが重要です。愛犬と共に健康的な生活を送りましょう。

\最後まで読んで頂きありがとうございました/

広告
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次