「重要」『子供にお金の教育を教える講座②』予算作成~投資について解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。
お金の教育

どうもゴンです。今回は、子供にお金の大切さを学ばせるをテーマに解説していきます。益々、厳しくなるこの時代、子供にしっかりと予算作成から投資について学ばせましょう!

目次
スポンサーリンク

Ⅳ.予算の作成を教える

子供に予算の目的について教える

子供に予算の目的について教える方法については以下のようなコツがあります。

  1. 目標を共有する
    予算を作成する前に、子供たちと一緒に目標を設定しましょう。例えば、新しい自転車を買うために貯金する、夏休みに旅行に行くために貯金する、などの具体的な目標を立てます。子供たちが目標に共感し、それに向かって動機づけられるようにすることが大切です。
  2. 収入と支出を見直す
    予算を立てるためには、まず収入と支出を確認する必要があります。子供たちには、収入としてお小遣いやバイト代など、支出としてはおもちゃやゲーム、外食などの具体的な例を出して、収入と支出を見直す練習をさせましょう。
  3. 予算表を作成する
    目標と収支の確認ができたら、予算表を作成します。予算表は、支出の項目とその金額を列挙したものです。子供たちには、自分で支出の項目を考え、金額を書き込んでもらいましょう。また、必要に応じて予算表の作成に関するアプリやツールを使ってもよいです。
  4. 予算の実行と振り返り
    予算表を作成したら、子供たちには予算を実行するように促しましょう。支出の都度、予算表を確認しながらお金を使うことが大切です。また、予算の実行状況を定期的に振り返り、目標に向かっているかどうかを確認することも大切です。

以上のような方法で、子供たちに予算の目的について教えることができます。目標を共有することで、子供たちが予算を実行するための動機づけができ、また、自分で考えた予算表を実際に使うことで、予算の重要性を身につけることができます。

子供に予算の作成方法について教える

子供に予算の作成方法を教えるためには、以下のステップを参考にすることができます。

  1. 目的を決める
    まずは、お金を使う目的を決めます。例えば、おもちゃを買うため、ゲームを購入するため、お祭りに行くためなど、目的を明確にします。
  2. 収入を計算する
    次に、収入を計算します。例えば、お小遣い、誕生日プレゼント、お年玉、アルバイト代など、どのような収入があるのかをリストアップします。
  3. 支出を計算する
    目的や必要な支出を考えて、必要な支出を計算します。例えば、おもちゃの値段、ゲームの値段、お祭りにかかる交通費や飲食費など、必要な支出をリストアップします。
  4. 収入と支出を比較する
    収入と支出を比較し、目的を達成するために十分なお金があるかどうかを確認します。もし、支出が収入を上回っている場合は、目的を達成するためにどのように収入を増やすか、支出を削減するか、工夫を考えてみます。
  5. 予算を作成する
    最後に、収入と支出をもとに、予算を作成します。予算は、目的ごとに作成するとわかりやすく、例えば、おもちゃのための予算、ゲームのための予算、お祭りのための予算など、細かく作成することができます。

以上のステップを踏んで、子供に予算の作成方法を教えることで、お金の使い方についての理解を深めることができます。
また、子供自身が目的や必要な支出を考えることで、自己責任感を持ち、お金についての良い習慣を身につけることができます。

子供に予算を守るためのコツを教える

子供たちに予算を守るためのコツを教えることは、彼らが将来的に自分のお金を効果的に管理するために非常に重要です。以下は、子供たちが予算を守るためのいくつかのコツです。

  1. 目標を設定する
    子供たちが何のためにお金を使いたいのか、何を買いたいのか、具体的な目標を設定しましょう。その目標に向かって貯金することで、無駄遣いをせずにお金を貯めることができます。
  2. 予算を立てる
    子供たちに自分のお金を管理するために、月ごとに予算を立てさせましょう。収入や支出を洗い出して、どのくらいお金を使うことができるかを計画することが大切です。
  3. 現金を使う
    子供たちに現金でお金を使うことを勧めましょう。カードを使うと、お金の出入りが分かりにくくなりますが、現金を使うことで、実際にお金が減っていくことが分かりやすくなります。
  4. 優先順位を決める
    子供たちには、必要なものと欲しいものの優先順位を決めることを教えましょう。必要なものを優先して買うことで、無駄遣いをせずに予算を守ることができます。
  5. 割引やセールを活用する
    子供たちに、割引やセールを利用することの大切さを教えましょう。お得な買い物をすることで、予算を守りながらも欲しいものを手に入れることができます。

これらのコツを実践することで、子供たちは予算を守ることができ、将来的には自分のお金を有効に管理することができるようになるでしょう。

Ⅴ.投資の基本を教える

子供に投資の目的についてを教える

子供に投資の目的について教えるためには、以下のような方法があります。

  1. 簡単な説明をする
    子供が投資について何も知らない場合、まずは簡単な説明から始めましょう。例えば、「投資とは、お金を使って将来的にお金を稼ぐことです」といったように、シンプルな言葉で説明します。
  2. 実例を示す
    子供たちは、具体的な例を見ることで理解しやすくなります。例えば、株式投資の場合は、子供たちに興味を持っている会社やブランドの株式を買ってみるという実例を示すことができます。
  3. リスクとリターンについて話す
    投資にはリスクが伴いますが、そのリスクに対してはリターンが期待できます。子供たちにリスクとリターンについて話すことで、投資に対する理解を深めることができます。
  4. 投資の種類を説明する
    投資には、株式、債券、不動産、商品など様々な種類があります。子供たちにそれぞれの種類について簡単な説明をすることで、投資の多様性について理解を深めることができます。
  5. 例外を説明する
    投資は将来の利益を期待するものであり、必ずしもリスクのないものではありません。投資が失敗する場合もあることを、子供たちに説明しましょう。
  6. 疑問に答える
    投資について疑問がある場合は、子供たちの質問に答えることが大切です。子供たちは、自分が理解したいと思うタイミングで投資について質問することがあるため、臨機応変に対応することが重要です。

以上のように、子供たちに投資の目的について教えるためには、基本的な説明から具体例まで、様々な方法を組み合わせることが効果的です。

子供に投資の種類についてを教える

子供に投資の種類について教える方法については以下のような方法があります。

  1. 株式投資の説明
    株式投資は企業の一部を所有することで、その企業の業績に応じて株価が上がったり下がったりすることがあります。また、配当という形で利益が還元されることもあります。
  2. 投資信託の説明
    投資信託は、複数の企業や資産に投資することで、リスクを分散させることができます。投資家が購入した分の口数に応じて、運用成績に応じた利益が還元されます。
  3. 不動産投資の説明
    不動産投資は、不動産物件を購入して、家賃収入を得ることや、将来的な不動産価格の上昇益を目的とした投資方法です。
  4. 債券投資の説明
    債券投資は、政府や企業などから借り入れたお金を利息とともに返済する債券を購入することで、定期的な利息収入を得ることができます。

以上のように、投資の種類には様々なものがあります。子供に投資の種類について教える際には、それぞれの特徴やリスク、利益などを簡潔に説明することが大切です。
また、投資は成人してから行うことが一般的であるため、子供に投資の種類について教える際には、親や教育者の指導のもと、模擬投資などを通じて学習することが望ましいでしょう。

著:両@リベ大学長
¥1,500 (2024/02/17 23:43時点 | Amazon調べ)

子供に投資のリスクについてを教える

子供に投資のリスクについて教えるには、以下の方法があります。

  1. シンプルな説明
    子供には、投資にはリスクがあることを、できるだけシンプルに説明する必要があります。投資は株価や市場変動など、多くの要因に影響を受けるため、将来的なリターンは保証されていないということを説明しましょう。
  2. 実例を示す
    子供にリスクを理解させるためには、具体的な実例を示すことが有効です。例えば、知っている企業が株価が下落した場合、その影響をどのように受けるかを説明することができます。
  3. 長期的な視点を教える
    投資には、短期的なリスクがある一方で、長期的なリターンを狙うことができるということを教えることも重要です。市場の変動はあるものの、長期的な視点で見れば、投資は安定的なリターンを生むことが多いため、根気よく続けることが重要です。
  4. ダイバーシフィケーションを説明する
    投資には、複数の投資先に分散することでリスクを分散するダイバーシフィケーションという手法があります。この手法を説明し、リスク分散がなぜ重要かを理解させましょう。
  5. 質問を奨励する
    子供には、投資に関する質問を奨励することが大切です。どんな質問でも受け止め、投資に関する知識や理解を深める機会にしましょう。

予算作成から投資の基本を教えるまでのまとめ

以下が予算作成から投資の基本までのまとめです。

  1. 予算作成
    • 子供に予算作成の目的を教え、家計簿を付ける習慣を身につけさせることが重要。
    • 家計簿には収入と支出を記録し、予算を立てることが目的。
    • 予算を立てる際には、収入から支出を差し引いた残りの金額を基に、必要な支出と余裕がある支出を決定することが大切。
  2. 貯蓄
    • 子供に貯蓄の目的を教え、貯蓄の重要性を説明することが大切。
    • 貯蓄をする方法としては、銀行の貯蓄口座や貯金箱を利用する方法がある。
    • 貯蓄の習慣を身につけるためには、小さい金額でも定期的に貯金することが大切。
  3. 消費
    • 子供に責任ある消費の目的を教え、無駄遣いをしないことの重要性を説明することが大切。
    • 買い物前に必要なものかどうかを考え、予算内であるかどうかを確認することが大切。
    • 買い物の際には、値段だけでなく品質や耐久性なども考慮し、長期的な視野での判断をすることが大切。
  4. 投資
    • 子供に投資の目的を教え、将来のために資産を増やすことの重要性を説明することが大切。
    • 投資にはリスクがあるため、子供にはリスクの説明をして、安全性が高く長期的な視野での運用が可能な投資商品を選ぶことが大切。
    • 投資の種類としては、株式や債券、投資信託などがある。

以上が、予算作成から投資の基本までのまとめとなります。

続きは別途記事にしますね!

\最後まで読んで頂きありがとうございました/

広告
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次