可愛いペットに寄り添う介護や共に生活する家族としての飼い主が出来ること!

当ページのリンクには広告が含まれています。
ポメラニアン

どうもゴンです。初めにあまりペットと呼ぶのが抵抗ある(私にとっては可愛い家族)のですが、わが家は、ワンちゃんなので、

文章的に他の猫ちゃんや豚さん等様々な子達と生活を共にされている方も沢山居るので総称でペットを記述します。

今回は、ペットと共に生活する私たちに直面する内容をご紹介していきます。ペットは私たちよりも早く歳をとります。

今は元気でも高齢になってくると目や足腰などが低下してくるものです。これは人間も同じことですが自己主張が出来ない。だから我々がしっかりペットの状態をみてあげないといけない。

私自身もまだまだペットのことを分かって上げれていない。少しでもペットと長く楽しい日々を送るためにご紹介しておきたい内容

ブログの主:ゴン
目次
スポンサーリンク

現在のペット業界にまつわる環境与件

近年のペット需要は、非常に高く4世帯に1頭へ、既に今の時代はブームではなくライフスタイルの一つになっています。少子化の中でペットの総数は、15歳未満の子供の人口より多いともされています。

また、ペット産業についても2兆円産業とも言われています。少子高齢化の中、昔と比べたらペットは、外で番犬として飼うもので家の中で飼う家庭は少なかったと思います。

現在では、ペットに対する考え方も変わってきておりペットも家族の一員として扱われるようになっています。益々、ペット需要は増えていくと思われます。

しかし、増えるのと同時に必要とされる人材の数が不足しているのも現状です。

BLACKFIVESTAR

ペットを飼う前に知っておくこと

ペット資格には、一般的に以下のようなものがあります。

  1. 飼い主の許可
    ペットを飼うためには、飼い主の許可が必要です。未成年者がペットを飼う場合には、親権者の許可が必要となります。
  2. 動物愛護管理法
    動物愛護管理法に基づく登録・届出:日本では、犬・猫など一部の動物については、動物愛護管理法に基づき、登録または届出が必要となります。登録には、犬の場合は6か月以上、猫の場合は8か月以上の年齢が必要となります。
  3. ペット保険
    ペット保険は、ペットの健康管理や病気やケガの治療費をカバーする保険です。ペットを飼う場合には、事前にペット保険に加入することができます。
  4. マイクロチップの装着
    犬や猫などのペットには、マイクロチップの装着が義務化されている場合があります。マイクロチップは、ペットの身元を特定するために用いられる小さなICチップで、体内に埋め込まれます。
  5. 犬の場合は狂犬病予防注射
    日本では、狂犬病の予防のために、犬に対して狂犬病予防注射の接種が義務化されています。狂犬病は人獣共通感染症で、感染した場合は命にかかわることがあるため、注射の接種は重要です。

これらのペット資格は、ペットを飼う際には順守する必要があります。また、地域によっては、これらの資格以外にも、ペットを飼うための様々な規制がある場合があります。ペットを飼う前には、地域のルールや規制について確認することが大切です。

愛犬飼育管理士とは?

「愛犬飼育管理士」とは、日本ペットフード協会が実施する資格試験の一つで、ペットの飼育や管理に必要な知識を身につけた上で、実技試験も合格することで取得できる資格です。

この資格を持つと、ペットショップや動物病院、ペットホテルなどで働くことができます。また、ペットの飼育に関するアドバイスや、ペット飼育講座の講師なども務めることができます。

「愛犬飼育管理士」の試験は、ペットの基本的な知識や飼育方法、病気の予防や治療法、食事や運動などに関する知識が問われます。また、実技試験では、犬のしつけやトリミング、運動指導などが行われます。

愛犬飼育管理士は、ペットの飼育に関する専門的な知識を持った資格であり、ペットの健康管理や幸福度を高めるために役立ちます。

老犬介護士とは?

「老犬介護士」という資格は、日本獣医師会が実施している獣医師資格ではなく、公的な資格ではありません。

しかしながら、老犬の介護に特化した研修やセミナーが存在するため、そういった研修やセミナーを受講し、老犬の介護に関する知識や技術を習得することで、老犬介護士としてのスキルを身につけることができます。

老犬介護士として必要とされるスキルとしては、老犬の健康状態や生活環境を把握し、適切な介護計画を立てること、老犬の食事や排泄、運動などの世話をすること、

老犬に必要な医療行為を実施すること、老犬のストレスを軽減し、快適な生活環境を提供することなどが挙げられます。

老犬介護士は、ペットショップや動物病院、ペットホテル、介護施設などで働くことができます。また、ペット飼い主のために老犬の介護アドバイスや、介護講座の講師なども務めることができます。

老犬介護士は、高齢化社会においてますます需要が高まる資格の一つであり、老犬の健康管理や幸福度を高めるために役立ちます。

トゥランク

動物医療検査士とは?

「動物医療検査士」とは、日本獣医師会が実施する資格試験の一つで、動物の診断や治療に必要な検査技術や知識を身につけ、実技試験も合格することで取得できる資格です。

この資格を持つと、動物病院や動物実験施設、研究機関などで働くことができます。また、動物の検査や治療に関するアドバイスや、検査士としての指導なども務めることができます。

「動物医療検査士」の試験は、動物の解剖学や生理学、病理学、微生物学、生化学、免疫学、臨床検査学などに関する知識が問われます。

また、実技試験では、血液検査、尿検査、細胞診、病原体検査、画像診断などの検査技術が求められます。

動物医療検査士は、動物の健康管理や治療に欠かせない存在であり、獣医師とともに診断や治療に携わります。また、動物に関する専門的な知識を持った資格であり、動物の健康管理や幸福度を高めるために役立ちます。

ゴン手術後

ドッグトリマーとは?

「ドッグトリマー」とは、犬の被毛や爪などのトリミングを行うプロフェッショナルのことを指します。ドッグトリマーは、犬種やその被毛の特徴に合わせてトリミングを行い、犬の健康と美容を維持する役割を担っています。

ドッグトリマーとして働くためには、特別な資格が必要というわけではありませんが、多くの場合、トリマーの専門学校や短期講習などでトリミング技術を学ぶことが求められます。

また、ドッグトリマーとして働くには、犬に対する深い知識や洗練された技術、安全に犬を取り扱うための技術、コミュニケーション能力が必要となります。

ドッグトリマーは、ペットショップやペットホテル、動物病院などで働くことができます。また、自営業として独立してトリミングサロンを開業することもできます。

犬は家族の一員であり、健康で美しい被毛を保つことは、飼い主にとって非常に大切なことです。ドッグトリマーは、犬の健康や美容に貢献する重要な役割を担っています。

ゴン&テン

ドッグトレーナーとは?

「ドッグトレーナー」とは、犬のしつけや訓練を専門に行う人のことを指します。犬の性格や行動の問題を解決し、飼い主との関係を向上させることを目的に、様々な訓練方法を用いて犬を指導します。

ドッグトレーナーには、特別な資格が必要というわけではありませんが、犬に関する知識や訓練技術を学ぶための専門学校や講習会があります。

また、動物行動学や獣医学などの知識を持つことが重要です。ドッグトレーナーは、訓練方法を選択する際に、犬種や個体差、性格、年齢、体力などを考慮する必要があります。

ドッグトレーナーは、ペットショップや訓練所、犬のしつけ教室、動物病院などで働くことができます。また、個人事業主として、自宅や公園で犬のしつけを行うこともできます。

また、犬の競技会に出場するためのトレーニングや、盲導犬や介助犬の訓練を行うプロフェッショナルもいます。

犬のしつけは、飼い主との信頼関係を深め、犬との暮らしをより豊かにするために欠かせないものです。ドッグトレーナーは、犬と飼い主との良好な関係を築くための重要な役割を担っています。

ボス&ジュニア

ドッグブリーダーとは?

「ドッグブリーダー」とは、犬の品種改良や繁殖を専門に行う人のことを指します。ドッグブリーダーは、健康で品質の高い犬種を繁殖し、犬の飼い主に販売することが主な仕事です。

ドッグブリーダーになるには、犬に関する知識が必要です。一般に、ドッグブリーダーとして働くためには、犬の専門的な知識と経験を持ち、犬の健康管理や繁殖に関する知識が必要とされます。

多くの場合、犬に関する訓練や経験を積むことが求められます。

ドッグブリーダーは、ブリーダー自身が犬を飼育し、繁殖を行うこともあれば、飼育場で繁殖を行い、生まれた子犬を販売することもあります。

繁殖には、両親の健康状態や遺伝的特性、出生や成長の環境など、多くの要因が影響します。ドッグブリーダーは、これらの要素を考慮し、健康で品質の高い犬種を繁殖することが求められます。

ドッグブリーダーは、一般的に専門の訓練やライセンスを必要とすることはありませんが、一部の地域では、繁殖業者として登録するための要件が定められている場合があります。

犬の品種改良や繁殖は、犬の健康や品質に影響する重要な仕事です。ドッグブリーダーは、犬種の健康や特徴を維持し、品質の高い犬を飼い主に提供するために、繁殖に専念するプロフェッショナルです。

リュウ&ランの子供

ペット美容学とは?

「ペット美容学」とは、ペットの美容やトリミングに関する専門的な知識や技術を学ぶ学問分野のことを指します。ペット美容学は、ペットの健康と美容を向上させるための技術を学ぶことを目的としています。

ペット美容学の学習内容には、ペットの解剖学や生理学、毛皮の種類や肌のタイプなど、ペットの身体的特徴や状態に関する知識が含まれます。

また、シャンプーやトリミング、爪切り、耳掃除、歯磨きなど、ペットの美容に必要な技術を学ぶことも含まれます。

ペット美容学の専門家であるペット美容師は、ペットの健康と美容に関する知識と技術を活かして、ペットを美しく健康的に保つ仕事を行います。

ペット美容師は、ペットの毛皮を適切にカットし、シャンプーやトリートメントを行い、爪切りや耳掃除など、ペットの健康管理にも取り組みます。

また、ペットの性格や習慣に合わせたトリミングやおしゃれなスタイルの提案も行います。

ペット美容学は、ペットが健康で幸せな生活を送るために重要な学問分野です。ペット美容師が適切な知識や技術を持っていることは、ペットの美容と健康に関する問題を回避するために欠かせないものです。

モコ
ラン

まとめ

いかがでしたでしょうか?迎い入れた時から家族の一員になるペット達、わが家は。現在6人の愛犬と共に生活していますが、一日でも長く愛犬と生活を楽しく過ごしたい。

だから私たち飼い主がしっかりと見て上げなくてはいけない。今そう感じています。少しでもペットを愛されている方々のお役に立てれば幸いです。

\最後まで読んで頂きありがとうございました/

広告
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次