【重要】過去災害からの学び-災害時に無くて困ったも「トップ10」-を解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。

どうもゴンです。

今回は、過去の災害からの学びと言うことをテーマに災害発生時に無くて困った物トップ10を解説していきます。

起きてからでは遅い、備えを十分にするために、みなさんと一緒に考えていきましょう!

防災に関連した記事はこちら▶▶▶
目次
スポンサーリンク

ランキング1位:水

災害時に水がなくなると、以下のような問題が発生する可能性があります。

  1. 生活必需品である水が不足するため、飲料水や料理や身体の洗浄に必要な水を確保することができなくなります。水は、人間が生きていくために不可欠なものであり、健康維持にも欠かせないため、水が不足することで健康被害が発生する可能性があります。
  2. 飲料水がなくなると、脱水症状や体調不良を引き起こす可能性があります。脱水症状が進行すると、頭痛やめまい、倦怠感などの症状が現れ、重症化すると意識障害や呼吸困難などが発生する場合もあります。
  3. 食品や備蓄品の調理に必要な水が不足すると、十分な量の食事を摂取できなくなる可能性があります。また、食器や調理器具の洗浄ができなくなるため、衛生的な食事ができなくなる場合もあります。
  4. 災害によって水道管が破損してしまった場合、水に混じって不純物や異物が含まれる可能性があります。このような場合、煮沸や浄水を行ってから飲用する必要があるため、十分な量の水が確保できないと、健康被害が発生する可能性があります。

以上のように、災害時に水が不足すると、健康被害や生活面での不便さが生じることがあります。そのため、災害時には飲料水の備蓄や浄水器の用意、また必要に応じて水の節約方法などを学んでおくことが重要です。

災害時に於ける水の簡易ろ過方法

災害時には、水が汚染される可能性があるため、浄水器を用いて水をろ過することが重要です。以下に、簡易的な水のろ過方法をいくつか紹介します。

  1. 水を沈殿させる方法
    大きな容器に汚れた水を入れて、一定の時間(約12時間程度)放置すると、浮遊物が沈殿し、比較的クリアな水が上部に残ります。この方法は、浮遊物や不純物を取り除くことができるため、簡易的な方法として有効ですが、細菌やウイルス、化学物質などは取り除くことができません。
  2. 石炭でろ過する方法
    石炭を容器に入れて、汚染された水を流し入れることで、水中の不純物や浮遊物を取り除くことができます。ただし、この方法でも、細菌やウイルスなどは取り除くことができません。
  3. 活性炭でろ過する方法
    活性炭を使用して、水中の不純物や臭い、味などを取り除くことができます。活性炭は、浄水器の中にセットすることで、水を通すだけで簡単にろ過することができます。ただし、細菌やウイルス、化学物質などは取り除くことができません。
  4. 蒸留する方法
    水を沸騰させ、蒸気を冷却して水に戻す方法です。この方法は、水中の細菌やウイルス、化学物質などを取り除くことができますが、蒸留には時間とエネルギーがかかるため、災害時には実施が難しいかもしれません。

以上の方法は、簡易的な方法ですが、浄水器を備蓄しておくことが、より確実で効果的な水のろ過方法です。浄水器には、様々な種類がありますが、ポータブルタイプのものや、災害時に使えるものなど、自分のライフスタイルや環境に合わせて選ぶようにしましょう。

災害時に於ける水の節約方法

災害時には、水が不足する可能性があるため、水の節約が非常に重要です。以下に、災害時において水の節約をする方法をいくつか紹介します。

  1. 使用する水を減らす
    手洗いや料理など、水を使う作業を減らすことで、水の節約につながります。例えば、手洗いをする代わりに、ハンドジェルを使用する、食器を洗う際には、一度にまとめて洗うなどの方法が有効です。
  2. シャワー時間を短くする
    シャワーを浴びる際には、シャワーヘッドを低流量タイプに変更したり、シャワー時間を短くすることで、水の節約につながります。
  3. 水の再利用
    水を再利用することで、水の節約につながります。例えば、料理用の水を洗濯やトイレの流す水に利用する、風呂の残り湯を洗濯やトイレの流す水に利用するなどの方法が有効です。
  4. 飲料水の節約
    飲料水を節約することも重要です。飲料水を飲む際には、コップを使う代わりに、直接飲むことで、コップの洗浄を省略することができます。
  5. 水の保存
    水をきれいな容器に保存することで、水を節約することができます。また、水の保存方法については、直射日光を避け、冷暗所に保管することが重要です。

以上の方法を実践することで、災害時においても、水の節約ができ、必要な場面で十分な量の水を使用することができます。

ランキング2位:食料

災害時に食料が不足すると、様々な問題が発生します。以下に、その主な理由をいくつか挙げてみます。

  1. 栄養不足
    十分な栄養を摂取できなくなるため、体調不良や病気にかかるリスクが高まります。また、特に高齢者や乳幼児など、栄養の必要量が多い人たちにとっては、深刻な問題となります。
  2. 精神的ストレス
    食料が不足することによって、不安感やストレスを感じる人が増えます。長期間にわたって食料不足が続くと、心身ともに健康を損なう可能性があります。
  3. 食料調達の困難
    食料が不足している場合、調達する手段が限られてしまいます。道路が通行止めになったり、店舗が閉まってしまったりすると、食料を手に入れることができなくなります。
  4. 食料品不足による社会不安
    食料品の不足により、社会不安が広がる可能性があります。食料を求めて、混乱や暴動が発生することも考えられます。

以上のように、食料が不足することによって、人々の健康や精神的安定に影響を与えるだけでなく、社会全体にも深刻な影響を与えることがあるため、十分な備蓄や備えが求められます。

ランキング3位:簡易トイレ

災害時に簡易トイレがないと、以下のような理由で不便や困難が生じる可能性があります。

  1. 衛生状態の悪化
    簡易トイレがない場合、排泄物を適切に処理できないため、周囲の環境が汚染されたり、病気の原因となる細菌やウイルスが繁殖する可能性があります。
  2. トイレへのアクセスの制限
    災害時には、トイレへのアクセスが制限される場合があります。例えば、道路が寸断されていたり、トイレが被災したりすると、トイレに行くことができなくなることがあります。
  3. 快適性の低下
    簡易トイレがない場合、屋内や屋外でのトイレを我慢することになるため、快適性が低下します。特に、女性や高齢者など、トイレに行きにくい人にとっては、不便な状況となることが考えられます。
  4. 精神的ストレス
    トイレがない状況で、排泄に関するストレスが生じることがあります。排泄物をどう処理するか、周囲の目を気にすることが多くなり、不安感やストレスを感じる人が増える可能性があります。

以上のように、簡易トイレがない場合には、衛生状態が悪化するだけでなく、快適性の低下や精神的ストレスが生じることがあります。十分な備蓄や備えが必要です。

ランキング4位:ラジオ

災害時にラジオがないと、以下のような理由で不便や困難が生じる可能性があります。

  1. 情報の受信が困難
    ラジオは、災害時に重要な情報源の一つです。ラジオのニュースや情報番組で、災害の状況や避難情報、支援物資の配布場所などが伝えられます。ラジオがないと、周囲の状況や情報を把握することが困難になります。
  2. 心理的な不安
    災害時には、情報が不足していることが多く、不安感を覚えることがあります。ラジオがあると、最新の情報を得ることができるため、不安感を軽減することができます。
  3. コミュニケーションの手段
    災害時には、家族や近隣住民とのコミュニケーションが重要になります。ラジオがあると、情報の共有や相談がしやすくなり、支援物資の受け渡し場所や避難所の情報共有などもスムーズに行うことができます。
  4. 娯楽の手段
    災害時には、ストレスや不安感を和らげるためにも、娯楽の手段が必要です。ラジオは、音楽やトーク番組などを聴くことができ、心理的なストレスを軽減することができます。

以上のように、ラジオがない場合には、情報の受信が困難になるだけでなく、心理的な不安やコミュニケーションの制限、ストレスの増加など、様々な問題が生じる可能性があります。十分な備蓄や備えが必要です。

ランキング5位:灯り

災害時に灯りがないと、以下のような理由で不便や困難が生じる可能性があります。

  1. 周囲の状況把握が困難
    災害時には、暗闇で周囲の状況を把握することが困難になります。停電が発生した場合や夜間に避難した場合など、灯りがないと周囲が見えず、安全に歩くことができません。また、停電が長引いた場合には、周囲の治安状況も気になることがあります。
  2. 日常生活に支障が出る
    停電が発生した場合には、電気を使った日常生活に支障が出ます。例えば、電気がないと調理ができないため、食事の準備ができなくなります。また、電気がないとトイレの使用も困難になり、生活環境が悪化することがあります。
  3. 不安感の増大
    停電が長引くと、不安感が増大することがあります。暗闇で過ごすことが長期間続くと、ストレスがたまり、不安感や不眠症などの精神的な症状が出ることがあります。

以上のように、災害時に灯りがないと、周囲の状況を把握することが困難になるだけでなく、日常生活にも支障が出るため、心理的な不安感を増大させる可能性があります。懐中電灯やランタン、キャンドルなど、十分な備蓄や備えが必要です。

ランキング6位:携帯電話の充電器

災害時に携帯電話の充電器がないと、以下のような理由で不便や困難が生じる可能性があります。

  1. 緊急連絡が取れなくなる
    災害時には、緊急時に家族や友人、自治体や関係機関と連絡を取る必要があります。しかし、携帯電話のバッテリーが切れていると、緊急連絡を取ることができなくなります。特に、災害発生時に携帯電話は重要な役割を果たすため、充電器がないと、情報収集や緊急連絡が取れなくなることがあります。
  2. 情報収集が困難になる
    災害時には、ラジオやテレビなどの情報源が重要になります。しかし、スマートフォンやタブレットなどの電子機器を使用して情報を収集する場合、充電器がないとバッテリーが切れてしまい、情報収集が困難になることがあります。
  3. 避難生活が不便になる
    災害時には、避難所や仮設住宅で過ごすことがあります。このような場所では、携帯電話を使用して、家族や友人と連絡を取り合ったり、情報収集を行ったりすることが多いため、充電器がないと避難生活が不便になることがあります。

以上のように、災害時に携帯電話の充電器がないと、緊急連絡が取れなくなったり、情報収集が困難になったり、避難生活が不便になる可能性があります。万が一、充電器を失くしてしまった場合には、予め充電器を備蓄するなどの対策が必要です。

ランキング7位:医薬品

災害時に医薬品がないと、以下のような理由で不便や困難が生じる可能性があります。

  1. 傷や病気の治療ができなくなる
    災害時には、怪我や病気にかかるリスクが高まります。しかし、医薬品がないと、傷や病気の治療ができなくなります。たとえば、傷口が化膿してしまったり、発熱が続いて重症化してしまったりする可能性があります。
  2. 必要な薬を摂取できなくなる
    災害時には、持病のある人や薬を飲んでいる人がいる場合があります。しかし、薬がないと、必要な薬を摂取できなくなります。たとえば、糖尿病の患者さんが必要なインスリンを摂取できなくなったり、高血圧の薬を飲まなくてはいけない人がいた場合には、健康状態が急激に悪化する可能性があります。
  3. 災害後の感染症の予防ができなくなる
    災害時には、多くの人が避難所や仮設住宅で共同生活を送ることがあります。このような環境では、感染症が流行する可能性が高くなります。しかし、予防接種やマスク、消毒薬などの医薬品がないと、感染症の予防ができなくなるため、健康管理が困難になる可能性があります。

以上のように、災害時に医薬品がないと、傷や病気の治療ができなくなったり、必要な薬を摂取できなくなったり、感染症の予防ができなくなったりする可能性があります。万が一、災害時に備えて医薬品を備蓄する場合には、薬の種類や期限、保管方法などについても確認しておくことが重要です。また、必要な医薬品については、かかりつけ医や薬局に相談して、正しい備蓄方法や使用方法を確認することも大切です。

ランキング8位:予備の衣服

災害時に予備の衣服がないと、以下のような理由で困ることがあります。

  1. 衣服が濡れたままだと、体温を下げてしまう可能性があるため、早急に乾いた衣服に着替える必要がある場合があります。
  2. 災害時には移動や避難が必要な場合があります。この際に予備の衣服がないと、着替えをすることができず、体調を崩す可能性があるため、健康管理上の問題となります。
  3. 震災などの自然災害が起こると、建物が倒壊したり、窓ガラスが割れたりすることがあります。この際に衣服が破れたり、傷ついたりすることがあるため、予備の衣服を用意しておくことが重要です。

以上のように、予備の衣服を用意しておくことは、身体的にも精神的にも安心感を得ることができます。

ランキング9位:現金

災害時に現金がないと、以下のような理由で困ることがあります。

  1. クレジットカードや電子マネーは、災害時には利用できなくなる可能性があります。地震や停電などの影響で、店舗のシステムが停止することがあるためです。そのような場合、現金があれば物品や食料を購入することができます。
  2. 避難所や支援センターなどでは、現金での支払いが求められる場合があります。特に、災害で家財道具を失った場合、必要な物品を購入するためには現金が必要です。
  3. 災害時には、交通機関が混乱することがあります。そのため、帰宅困難者支援や避難所の利用に際しては、交通費や宿泊費を支払う必要がある場合があります。現金がないと、支援を受けることができない可能性があります。

以上のように、現金がないと災害時に不便を強いられることがあるため、備蓄品として十分な現金を用意しておくことが重要です。

ランキング10位:ゴミ袋

災害時にゴミ袋がないと、以下のような理由で困ることがあります。

  1. 災害時には、被災地では大量のゴミが発生します。そのため、適切な処理が必要ですが、ゴミ袋がなければゴミを捨てることができません。ゴミを適切に処理することは、感染症の予防にもつながります。
  2. 避難所や一時避難場所では、生活必需品などが配布されます。その際には、受け取った袋や包装材を収納する必要があります。ゴミ袋がないと、袋を収納することができません。
  3. 災害時には、自宅にいる時間が長くなることがあります。そのため、日常生活に必要なゴミが発生します。ゴミ袋がないと、これらのゴミを収集することができません。

以上のように、災害時にはゴミ袋が不可欠なアイテムの1つであり、備蓄しておくことが望ましいです。また、適切な処理方法についても事前に確認しておくことが重要です。

日本技研工業
¥474 (2023/04/15 18:38時点 | Amazon調べ)

まとめ

以下は、災害時に必要な備品についてのまとめです。


  1. 飲料水として必要だけでなく、洗顔や調理などの日常生活にも必要です。節水や水のろ過などの対策も必要です。
  2. 食料
    長期にわたって自給自足するための備蓄が必要です。非常食やカロリーメイトなどの常温保存が可能な食品がおすすめです。
  3. トイレ
    簡易トイレを用意することで、衛生的な環境を保つことができます。
  4. ラジオ
    災害情報を受信することができます。電池式のラジオを用意し、予備電池も用意しておくことが重要です。
  5. 灯り
    震災などで停電が発生した場合、夜間の行動が制限されることがあります。懐中電灯やろうそくなどの備品が必要です。
  6. 携帯電話
    災害時には通信網が混乱することがありますが、充電器や予備バッテリーを用意することで、通信手段を確保することができます。
  7. 医薬品
    必要な薬剤を備蓄し、災害時には適切に管理することが重要です。
  8. 予備の衣服
    災害時には、被災者が避難所や一時避難場所にいる時間が長くなることがあります。そのため、予備の衣服を備えることで、清潔な環境を保つことができます。
  9. 現金
    災害時には、クレジットカードや電子マネーなどの電子決済が利用できない場合があります。現金を備蓄しておくことで、必要な物資を購入することができます。
  10. ゴミ袋
    災害時には、大量のゴミが発生します。適切な処理方法に加え、ゴミ袋を備蓄しておくことが重要です。

今回は、災害時に必要なものや、無くて困る理由についてご紹介しました。災害に備えるためには、日頃から備えを整えておくことが大切です。また、災害が起きた際には、冷静に対処し、必要な情報や支援を受けることが大切です。いざというときに備えて、今一度確認してみることをおすすめします。

\最後まで読んで頂きありがとうございました/

広告
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次